カラヤンが1975〜7年に録音した『ベートーヴェン: 交響曲全集』がSA-CDシングルレイヤー化

 “楽壇の帝王”ヘルベルト・フォン・カラヤン(Herbert von Karajan)の生誕110年を記念し、1975〜7年にベルリン・フィルハーモニー管弦楽団と録音した『ベートーヴェン: 交響曲全集』が、日本独自企画としてSA-CDシングルレイヤー化(UCGG-9129〜32 12,000円 + 税)され、5月23日(水)に発売されています。

 映像も含めると、ベートーヴェンの交響曲全集を生涯に6回完成させたカラヤン。本作は、ベルリン・フィルとの最盛期にあった第2回目の全集です。ドイツ・グラモフォンのオリジナル・アナログマスターから、独Emil Berliner Studiosにて2018年に制作の最新DSDマスターを使用しています。

 本作は、カラヤン生誕110周年とドイツ・グラモフォンの創立120周年を記念し、ユニバーサル ミュージックが展開する“カラヤン・キャンペーン2018”の対象商品。本作を含む対象商品に添付されている応募券ステッカーを5枚集めて応募すると、抽選で110名にカラヤン・メモリアル・ブック(A4サイズ小冊子16p)が当たるプレゼント企画も実施され……(中略)…… ルハーモニー管弦楽団 / アンナ・トモワ=シントウ(S) / アグネス・バルツァ(Ms) / ペーター・シュライアー(T) / ジョゼ・ヴァン・ダム(Bs) / ヘルムート・フロシャウアー(合唱指揮) / ウィーン楽友協会合唱団

[録音]1975〜7年 ベルリン、フィルハーモニー

記事の全文を読む⇒(CDJournal) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース