DJ Mitsu the Beatsと岩崎太整、山田孝之×菅田将暉W主演ドラマの劇伴担当

DJ Mitsu the Beats(GAGLE)と岩崎太整が、テレビ朝日系で7月に放送スタートする新ドラマ「dele」の劇伴を担当する。

ドラマ「dele」より山田孝之、菅田将暉。(c)テレビ朝日

「dele」は山田孝之と菅田将暉がダブル主演を務め、作家の本多孝好が原案・脚本を手がけるオリジナルストーリー。山田と菅田に当て書きしたというキャラクターを軸に、人の死後に残ったデジタル記録“デジタル遺品”をフィーチャーした1話完結の人間ドラマを描く。山田は依頼人の死後に遺留データを内密に消す仕事を請け負う車椅子のフリープログラマー・坂上圭司を、菅田は坂上の仕事を手伝う何でも屋・真柴祐太郎を演じる。

ドラマの劇伴を担当するのは今作が初めてのDJ Mitsu the Beatsと岩崎のタッグがどのような音楽でドラマを彩るのかオンエアを楽しみに待とう。

山田孝之 コメント

オファーを受けたとき惹かれたのは、デジタル遺品を題材にするということ。そして、菅田くんとの共演でした。誰もが気……(中略)…… 」誰もが一度は考えざるを得ない、今最もタイムリーなテーマを、山田孝之さんと菅田将暉さんという、今最も共演が期待されるコンビで描く連続ドラマ「dele」。キャスト&スタッフ全員が強い“熱”と“こだわり”を持って臨んでいます。7月の金曜ナイトドラマで起こる“事件”を、皆様に目撃していただきたいと思います。

記事の全文を読む⇒(音楽ナタリー) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース