「EDMバブル」が終焉か? 2017年の市場規模は2%マイナス成長で73億ドル、エレクトロニックミュージック業界レポートで明らかに

EDMバブルが弾けたという声が、公開されたばかりのエレクトロニックミュージック市場に関する最新レポートで挙がり始めました。

過去数年にわたり、グローバル規模で成長を遂げ、圧倒的な存在を保ち続けてきたエレクトロニックミュージックの市場規模は、2017年は前年から2%減少して73億ドル(約8000億円)に留まりました。2012年からプラス成長を遂げてきたエレクトロニックミュージック産業が5年ぶりにマイナス成長を記録したことになります。

最新のビジネスレポートは、毎年開催されるエレクトロニックミュージック業界向けのカンファレンス「IMS Ibiza 2018」で発表された最新のデータです。

ダンス/エレクトロニックミュージックのシェアが低迷

エレクトロニックミュージックのシェアもグローバル規模で低下し始めました。

世界最大の音楽市場である北米では、全ジャンルの売上シェアにおいてダンス/エレクトロニックの音楽売上が4%から3.5%まで減少。同様にカナダでも6.3%から4.8%にシェアが減少を見せました……(中略)…… hoto by Global Stomping via Flickr

記事の全文を読む⇒(All Digital Music) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース