ミシェル・レイス・ジャパン・カルテット、1stアルバムをリリース

 ピアノ・トリオ“レイス・デムス・ウィルトゲン”やソロでも活動するルクセンブルク出身のピアニスト、ミシェル・レイス(Mishel Reis)が、須川崇志(b)、西口明宏(sax)、石若 駿(ds)と組むジャパン・カルテットより1stアルバム『ミシェル・レイス・ジャパン・カルテット』(MCLD-012 2,500円 + 税)を5月25日(金)にリリース。

 ミシェル・レイス・ジャパン・カルテットは、米バークリー音楽大学の同窓であり友人であったレイスと須川と西口が集まり、そこに石若が加わって2015年に結成。これまでに日本国内ツアーを3年続け、オリジナル曲を増やしてきました。2017年5月には、レイスの故国ルクセンブルクのジャズ・フェスティヴァル〈LIKE A JAZZ MACHINE〉に出演。大きな注目を浴び、即座に翌年の同フェス出演とドイツ・ツアーが決定。2017年9月にはニューヨーク公演も開催しています。

 ジャパン・カルテットでの1stアルバムとなる本作は、2017年5月に東京で録音。レイスがこのバンドのために書き下ろした7曲と4人の即興演奏を収録しています。また、……(中略)…… Improvisation 207. Seeking Silence08. Improvisation 309. Long Ways10. Old Friends11. Improvisation 1

[演奏]ミシェル・レイス(p)西口明宏(sax)須川崇志(b)石若 駿(ds)

記事の全文を読む⇒(CDJournal) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース