ブラット・メルドー、最新作2タイトルの日本盤を同時リリース

 現在のジャズ・シーンで最も影響力を持つピアニストのひとり、ブラッド・メルドー(Brad Mehldau)が最新作2タイトルの日本盤を同時リリース。今年3月に海外でリリースされたソロ・アルバム『アフター・バッハ』(WPCR-18004 2,400円 + 税)と、ブラッド・メルドー・トリオによる『シーモア・リーズ・ザ・コンスティチューション』(WPCR-17959 2,400円 + 税)が5月23日(水)に発売されます。

 『アフター・バッハ』は、鍵盤楽器奏者で即興演奏家としてのバッハをテーマに、メルドーが独自の感覚で解釈したピアノ・ソロ作品。バッハが作曲した鍵盤楽器のための作品集『平均律クラヴィーア曲集(Well-Tempered Clavier)』から4曲の前奏曲と1曲のフーガをセレクト。それぞれの楽曲の後には、メルドーが『平均律クラヴィーア曲集』からインスピレーションを受けて書いたオリジナル曲を収録し、ジャズ、クラシックのジャンルを超えたメルドーによるバッハ・アルバムです。

 もう一枚は、ラリー・グレナディア(b)とジェフ・バラード(ds)と組むブラッド・メルドー・……(中略)…… 959 2,400円 + 税

[収録曲]01. スパイラル02. シーモア・リーズ・ザ・コンスティチューション03. オールモスト・ライク・ビーイング・イン・ラヴ04. デ・ダ05. フレンズ06. テン・チューン07. グレイト・デイ08. ベアトリーチェ09. ミドル・ゲーム

記事の全文を読む⇒(CDJournal) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース