“フルート界のスーパースター”エマニュエル・パユ、渾身のソロ・アルバムを発表

 “フルートの貴公子”“フルート界のスーパースター”などと称され、ソロ・フルーティストならびにベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席奏者として活躍するエマニュエル・パユ(Emmanuel Pahud)が、最新アルバム『SOLO』(WPCS-13765〜6 3,500円 + 税)を5月23日(水)にリリース。

 本作は、ドイツ・バロックの代表的作曲家テレマンによる『無伴奏フルートのための幻想曲』全12曲を中心に据えつつ、テレマン作品の間に武満 徹やオネゲル、カルク=エーレルト、ニールセン、ベリオ、ペルト、ヴァレーズ、そしてパユ自身がその初演を受け持ったマティアス・ピンチャー(Matthias Pintscher)やイェルク・ヴィトマン(Jörg Widmann)らによる作品を交互に挟み込み、テレマンと同時代のマラン・マレによる「スペインのフォリア」で全体を締めくくるという、パユならではの凝った構成。さまざまな書法による楽曲が、単旋律のフルート1本で描き出されます。

 パユは今年の11月末から12月初頭に来日公演を開催。読売日本交響楽団の〈第583回定期演奏会〉へ出演する……(中略)…… )www.ojihall.jp/concert/lineup/2018/20181130.html※上記ほか予定あり。

記事の全文を読む⇒(CDJournal) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース