マルティン・フレストらクラシック界気鋭の個性派4名による『メシアン: 世の終わりのための四重奏曲』発売

 クラリネット奏者のマルティン・フレスト(Martin Fröst)、ピアニストのリュカ・ドゥバルグ(Lucas Debargue)、ヴァイオリニストのジャニーヌ・ヤンセン(Janine Jansen)、そしてチェリストのトーレイヴ・テデーン(Torleif Thedéen)という現代クラシック界きっての個性派4名が、『メシアン: 世の終わりのための四重奏曲』(SICC-30482 2,600円 + 税)を5月23日(水)にリリース。

 この曲は、20世紀フランスの作曲家メシアンが、第2次大戦中ドイツ軍の捕虜となり、捕らわれた収容所内で1940年に書きあげた作品。その経緯から特殊な編成で書かれており、初演は1941年1月15日、収容所内で行なわれました。

 17年前に出会ったフレストとヤンセンは、この曲で初めて共演。さらにその時、チェロは本作と同じくテデーンが務めていました。その3人にドゥバルグを加えたこの4人による顔ぶれでは、2017年8月4日にスイス(ヴェルビエ音楽祭)、12月4日にカナダ・ケベック、5日に同トロント、7日に米カーネギー・ホールで演奏しています。[収録曲]メシアン:01. 世の終わりのための四重奏曲

[演奏]マルティン・フレスト(cl) / リュカ・ドゥバルグ(p) / ジャニーヌ・ヤンセン(vn) / トーレイヴ・テデーン(vc)

[録音]2017年8月28〜30日 ベルリン Siemensvilla

記事の全文を読む⇒(CDJournal) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース