ロイヤル・ウェディングに抜擢されたシェク・カネー=メイソン、米iTunesとamazonで総合1位獲得

 5月19日(土)に行なわれた英国ロイヤル・ウェディングで演奏した19歳のチェリスト、シェク・カネー=メイソン(Sheku Kanneh-Mason)のデビュー・アルバム『インスピレーション』が、アメリカのiTunesの総合アルバム・チャートとamazonの全音楽チャートで1位を獲得(2018年5月21日時点)。アメリカのクラシック・アーティストが総合ジャンルの首位に立つという異例の事態となっています。

 ロイヤル・ウェディングで、シェクは約8分間にわたり3曲(「パラディス: シチリアーノ」「フォーレ: 夢のあとに」「シューベルト: アヴェ・マリア」)を披露。Twitter上でも大きな反響を呼び、毎分28,000ものツイートがなされたほか、英国王室の公式アカウントでもシェクの演奏がツイートされました。シェクのTwitterでは、シェク本人のコメントとロイヤル・ウェディングでの「アヴェ・マリア」の演奏映像が公開されています。

 シェクは演奏後、「本当に素晴らしい瞬間でした。お2人の結婚式で、ハリー王子とメーガンさんのために演奏できたことは本当に信じられないことでした! あ……(中略)…… dno=4118050428">世紀のロイヤル・ウェディング2018』UCCL-1207 2,800円 + 税lnk.to/RoyalWeddingAlbum

記事の全文を読む⇒(CDJournal) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース