ソニーがEMI Musicを約2,500億円で子会社化。「音楽出版のナンバーワンを維持」

 ソニーは、ムバダラインベストメントカンパニーが主導するコンソーシアムが保有する、EMI Music Publishingの株式約60%の持分すべてを、ソニーの子会社であるSony Corporation of Americaが買収する事で基本合意書を締結。ソニーが支払う買収費用は約23億ドル(日本円で約2,500億円)程度を想定、ソニーはEMI Musicの持分約90%を間接的に保有することになり、EMI Musicはソニーの連結子会社となる。

22日に開催された2018-2020年度の中期経営方針説明会で、買収について説明するソニー社長 兼 CEOの吉田憲一郎氏

 EMI Musicは、クイーン、キャロル・キング、モータウンのカタログなどのクラシックや、カニエ・ウェスト、アリシア・キーズ、ドレイク、サムスミス、ピンク、ファレル・ウィリアムズ、カルヴィン・ハリス、フェティ・ワップ、ホージア、シーアなどの最新楽曲を含む、200万を超える楽曲数の著作権を保有、または管理している。

 ソニーグループでは、Sony/ATVと、ソニーの子会社であるソニー・ミュージッ……(中略)…… おらず、現在精査中だという。

記事の全文を読む⇒(AV Watch) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース