柔らかさのなかにキリっと芯を持つ、但馬有紀美のヴァイオリン

“サンデー・ブランチ・クラシック” 2018.3.18 ライブレポート

クラシックをもっと身近に――そんなコンセプトで日曜のひと時をリビングルームのようなカフェで料理と音楽を愉しみながら過ごすサンデー・ブランチ・クラシック(SBC)。3月18日に登場したのはヴァイオリニストの但馬有紀美だ。今年がデビュー3年目となる但馬はヴァイオリニストのユニット「高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト」のメンバーの1人で、SBCは初登場となる。今回ピアノを弾く阿部大樹は桐朋学園大学院時代の同級生だ。若い2人の瑞々しい素直な音色には、心がすっとリフレッシュされるような清々しい力があった。

但馬有紀美(Vln)、阿部大樹(ピアノ)

クライスラーの名曲を披露。美しい旋律に滲む強い意志

但馬と阿部の1曲目はクライスラーの『プニャーニの様式による前奏曲とアレグロ』。コンサートなどでもよく取り上げられる、ヴァイオリンの名曲のひとつだ。
四分音符の連なる前半部を、但馬ははっきりした明確な音で力強く奏でる。一歩一歩、しっかりと着実に前に進んでい……(中略)…… 11:30~22:00(LO 21:00)※祝前日は通常営業■公式サイト:http://eplus.jp/sys/web/s/sbc/index.html

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース