AT&Tの、LTEに対応したAmazon Dashスタイルのボタンが利用可能に

私たちがAT&TのLTE-Mボタンについて初めて説明したとき、その情報はAWS Re:Inventの発表の洪水に埋もれてしまっていた。今週初めにそれが利用可能になったことを発表したテレコムの巨人は、もう少しだけ積極的だった。

とはいえ、それは消費者に直接販売されるデバイスではない。現在金魚の餌や、洗剤などを購入するためにAmazonから選んで手に入れることのできるプラスチックボタン(Dashボタン)とは異なり、このAT&Tのボタンは、現在のところ自分たちでシステムを作ろうとする企業の開発者向けのものである。しかし、これが狙っているのは、機器が安く運用コストも安価で済む4GであるLTE-Mの利用だ。これは将来のIoTデバイスを支えることが期待されている。

このことが意味することは、このボタンもDashボタンが支援できるようなアクティビティに利用できるということである。顧客がボタンを1押しすれば補充を依頼することができる ―― そして通常のWiFi電波の届かないエリアで、よ……(中略)…… le-button/" rel="noopener">原文へ](翻訳:sako)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース