音楽ストリーミングの売上がダウンロード超え。RIAJ’18年第1四半期調査

 日本レコード協会(RIAJ)は、2018年第1四半期(1月~3月)の音楽配信売上実績を発表した。音楽配信売上は、前年同期比113%の161億円。音楽配信売上金額におけるストリーミングのシェアが49%となり、ダウンロードを超えた。

 音楽配信売上金額の区分シェアは、ストリーミングが49%、ダウンロードが44%、Ringback tonesが3%、Master ringtonesが1%、その他が3%。ストリーミングについては、広告収入が前年比で372%になるなどで、伸張した。

 ストリーミングは、サブスクリプション/音楽の金額が前年同期比127%の70億6,000万円。サブスクリプション/音楽ビデオの金額が同84%の1億4,000万円。広告収入/音楽は、前年同期比372%の6,000万円、広告収入/音楽ビデオの金額は同168%の6億6,000万円。

 ダウンロードは、シングルトラックの数量が前年同期比99%の2,678万ダウンロード、金額が同98%の43億8,000万円。アルバムが数量同88%の221万、金額が同102%の26億4,000万円、音……(中略)…… 89%の4億9,000万円。

記事の全文を読む⇒(AV Watch) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース