技術継承を助けるAIの「ディープラーニング」とは? #jwave #ohayomorning

J-WAVEで放送中の番組『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「ZOJIRUSHI MORNING INSIGHT」。5月17日(木)のオンエアでは、株式会社コンピュータマインド常務取締役・萱沼常人さんをお迎えし、AIが職人の技を継承する未来にフォーカスしました。

■今までのAIとの違い

株式会社コンピュータマインドは、設立27年のソフトウェア開発会社。AI関連のコンサルタントやアプリケーション開発などを行っています。

まず、萱沼さんに現在のAIの動向について教えていただきました。

萱沼:2012年に(新しい処理方法・ディープラーニングを使ったAIが)画像認識コンテストで優勝したことによって、ディープラーニングが注目されるようになりました。この前後で「第3次AIブーム」がはじまりました。これまでのAIと「第3次AIブーム」の違いは、特徴量(学習データにどのような特徴があるかを数値化したもの)を自分で身につけるのか、コンピューターが身につけるのか、その……(中略)…… RNING RADIO』放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース