スマホの下取りとデータ移行を同時に、TC Tokyo卒業生のあいりぺが新サービス開始

TechCrunch Japan読者のみなさんは、古くなったり故障したりしたスマホをどうしているだろうか。フリマアプリが一般化した今、スマホを他人に売るということはもう当たり前という人もいるだろう。でも、MM総研の調査を見てみると、スマホを下取りに出したり、売却したりした経験のある人は全体の9.4%ということなので、どうも“スマホを売る”という行為はまだまだ一般化していないようだ。

その理由の1つが、スマホに保存されたデータに関する問題だ。同調査によれば、スマホを売却しなかった理由として「(個人情報などの)セキュリティが心配」と答えた人は全体の21.2%で第2位、次に多かったのが「必要なデータが保存されているから」で16.3%という結果だった。

そんな中、TechCrunch Tokyo 2017スタートアップバトルにも出場したあいりぺ(旧社名 Life Support Lab)は5月21日、壊れた携帯端末の下取りと同時に、その端末に保存された写真や動画をインターネット上に保存できる「mireta(ミレタ)」をリリースした。

miret……(中略)…… 0万人を目指すという。あいりぺの将来的な目標は、スタッフが出張して新しい端末を届け、その場で機種変を行い、データを載せ替えて買い取るという“出張型の機種変更サービス”の実現だ。

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース