ドイツの名ソプラノ、ドロテア・レシュマンがモーツァルトのオペラ・アリア集をリリース

 世界の歌劇場で活躍し、2016年度の第59回〈グラミー賞〉ではピアニストの内田光子と共演したアルバムで“最優秀クラシック・ヴォーカル・アルバム(ソロ)賞”を受賞したドイツの名ソプラノ、ドロテア・レシュマン(Dorothea Roschmann)が、ソニー・クラシカルへのソロ・アルバム第2弾『モーツァルト: オペラ・アリア集』(SICC-30477 2,600円 + 税)を5月23日(水)にリリース。共演はダニエル・ハーディング(Daniel Harding)指揮スウェーデン放送交響楽団です。

 本作は、全4タイトルからなるソニー・クラシカル“21世紀モーツァルト歌唱の諸相”シリーズの第3弾。1995年、〈ザルツブルク音楽祭〉におけるニコラウス・アーノンクール(Nikolaus Harnoncourt)指揮の『フィガロの結婚』のスザンナ役で世界の注目を集めるようになったレシュマンにとって、モーツァルトのアリア集は本作が初の録音となります。

 レシュマンは「私がオペラを歌うのは、モーツァルトを歌いたいからです。モーツァルトのオペラの登場人物を舞台で演じることは私の夢でした……(中略)…… 第22・23曲)08. レチタティーヴォとアリア「いとしい人よ、さようなら〜留まれ、わが心よ」K.528

[演奏]ドロテア・レシュマン(S) / ダニエル・ハーディング指揮スウェーデン放送交響楽団

[録音]2014年11月10日〜5日 ストックホルム ベルワルトホール

記事の全文を読む⇒(CDJournal) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース