NASAの惑星探査衛星TESSが星だらけの最初の試験画像を送ってきた

先月NASAが打ち上げた衛星TESS(Transiting Exoplanet Survey Satellite)は、何千もの星の中に地球に似た太陽系外惑星を探すことが目的だが、このほど最初の試験画像を送ってきた。それはとりあえずざっと撮ったもので“科学品質”のものではないが、それでもミッションの規模を伺わせるに十分だ。TESSが調べる領域は、この画像がとらえている領域の400倍の広さだ。

上図はケンタウルス座周辺のスターフィールドだが、2秒間の露出で20万あまりの星をとらえている。TESSにはこのような画像を撮るカメラが4基あり、それらをすべて同時に使い続ける。27日かけて二つの軌道を通り、宇宙のそれぞれ異なる領域を観察する。

下図は、中央のカメラだ:

これらのスターフィールドの高解像度の画像を繰り返し撮ることにより、地上のチームはわずかに暗くなる星(恒星)を見つけ、その星と太陽系の間を惑星が通過したことを検出する。この方法は類似のKeplerミッションに比べてはるかに多くの星を観察でき、比較的狭い視界でも、暗くなる星……(中略)…… tp://goo.gl/ovDV">hiwa)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース