平田桃子にインタビュー 英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団『リーズの結婚』に主演

イギリス屈指の名門バレエ団として知られる英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団が3年ぶりに来日している。きたる2018年5月25日(金)と27日(日)に『リーズの結婚』(全3幕)のタイトルロールを務める平田桃子は、2013年にプリンシパル(最高位)に昇進し、カンパニーを代表するバレリーナとして活躍中だ。のどかな農村を舞台にした人情味あふれる名作喜劇において、パリ・オペラ座バレエ団エトワールのマチアス・エイマン(ゲスト)と共演する平田に、来歴や公演への意気込みを聞いた。

「演じる役柄」が好き

ーー2001年にローザンヌ国際バレエコンクール入賞後、ロイヤル・バレエ・スクールに入学されました。なぜイギリスに行こうと思われたのですが?

5歳からバレエを始め、吉田都さん(元英国ロイヤル・バレエ団&英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団のプリンシパル)に憧れていました。10歳の頃、都さんの踊る『くるみ割り人形』の映像を観て衝撃を受けました。そこから海外で活躍したい、都さんがいらっしゃるイギリスで踊りたいという気持ちが芽生えました。ローザンヌでスカラシップをいただいたの……(中略)…… ズの結婚』全3幕 

振付:フレデリック・アシュトン 

音楽:フェルディナン・エロール 

チケット料金:S席:¥19,000 A席:¥17,000 B席:¥15,000 C席:¥12,000 D席:¥9,000 E席:¥6,000 エコノミー券:¥4,000

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース