新国立劇場《フィデリオ》 – 男装の麗人が夫を救うベートーヴェンのオペラを、ワーグナーのひ孫が演出


「《フィデリオ》においては〈自由〉という概念が非常に重要な役割を果たしています。それもこの時代に〈自由〉をどう捉えていたか、が作品の重要なテーマです」

「音楽は決して全てを言い切っているわけではありません」「少なくとも終わり方に関しては、お客様がそれぞれ何かしら考える余地があるようなオープンな結末になっています。ご覧になった方にはそれぞれ、自分がこれをどう捉えるのかということを、ぜひ考えていただきたいです」

新国立劇場の今シーズン最大の話題作、ベートーヴェンの《フィデリオ》が間もなく上演される。ドイツ・オペラの巨匠ワーグナーのひ孫で、バイロイト音楽祭の総監督を務めるカタリーナ・ワーグナーが新演出する舞台だ。このオペラの演出を彼女に依頼した飯守泰次郎が、芸術監督として最後にタクトをとるのを聴く機会でもある。

5月20日(日)に迫った初日に先立ち、カタリーナとドラマツルグのダニエル・ウェーバーが出席した記者懇談会が開かれた。記者たちからの活発な質問にはほとんどカタリーナが答える形である。これまでも、バイロイト音楽祭で彼女が演出した……(中略)…… 開幕直前の表示をご確認ください。※★…託児室「キッズルーム『ドレミ』」をご利用になれます。※開場は開演の45分前です。開演後のご入場は制限させていただきます。※やむを得ぬ事情により内容に変更が生じる場合がございますが、出演者・曲目変更などのために払い戻しはいたしませんのであらかじめご了承願います 

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース