マカヤ・マクレイヴン、最新アルバム『ハイリー・レア』を携えた来日公演決定

 2017年末、最新アルバム『ハイリー・レア』(PCD-24682 2,400円 + 税)を日本限定でCD化してリリースした“ビート・サイエンティスト”こと新世代ジャズ・ドラマーのマカヤ・マクレイヴン(Makaya McCraven)の来日が決定。7月10日(火)と11日(水)に東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOにて公演を開催します。

 マカヤ・マクレイヴンは、スピリチュアル・ジャズの巨星アーチー・シェップのバンドで活動したドラマーのスティーヴン・マクレイヴンを父に持ち、少年時代から音楽活動を開始。2007年から米シカゴに拠点を移して数々のジャズ / ヒップホップ系ユニットに在籍し、2015年にリリースした『イン・ザ・モーメント』は「ニューヨークタイムズ」紙やナショナル・パブリック・ラジオ(NPR)など米メディアから絶賛されました。

 昨年、東京・東池袋 KAKULULUで行なわれたソロ・ライヴ・パフォーマンスは、会場から人があふれるほど大盛況となったマクレイヴン。今回は自身のバンドを率いて行なう初来日公演となります。座席の予約はJam Session会員が5……(中略)…… 青山 BLUE NOTE TOKYO1st 開場 17:30 / 開演 18:30 2nd 開場 20:20 / 開演 21:007,000円(税込 / 飲食代別)

[メンバー]マカヤ・マクレイヴン(ds)グレッグ・ウォード(sax)マット・ゴールド(g)ジュニアス・ポール(b)

記事の全文を読む⇒(CDJournal) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース