オーケストラ・ニッポニカ、指揮に鈴木秀美を迎えた芥川也寸志の交響曲集をリリース

 現代の日本音楽界に多大な功績を遺した故・芥川也寸志の志を継ぐべく2002年9月に設立したオーケストラ・ニッポニカ(正式名: 芥川也寸志メモリアル オーケストラ・ニッポニカ)が、最新録音『芥川也寸志: 交響曲第1番、交響三章』(OVCL-00660 2,500円 + 税)をリリース。

 本作は、同オケがその名を正式名に掲げる芥川也寸志の交響曲集。出世作として知られる「交響三章」(2017年7月30日、東京・紀尾井ホールで収録)と、プロコフィエフや交友のあったショスタコーヴィチの影響が感じられる交響曲第1番(2012年4月30日、東京・第一生命ホールで収録)という若き日の秀作2品を、ライヴ録音で収めています。指揮はチェリストにして指揮者の鈴木秀美です。

記事の全文を読む⇒(CDJournal)……(中略)…… られる交響曲第1番(2012年4月30日、東京・第一生命ホールで収録)という若き日の秀作2品を、ライヴ録音で収めています。指揮はチェリストにして指揮者の鈴木秀美です。

記事の全文を読む⇒(CDJournal) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース