「ジャン!」の華やかな音色で誰もが知っている音「オーケストラヒット」誕生の秘密

2018年05月17日 06時30分00秒

By Jiuguang Wang

マイケル・ジャクソンの「BAD」の冒頭部分やイエスの「ロンリー・ハート」のイントロ部分など、「オーケストラヒット」の音色は多くの楽曲で印象的に活用されており、少しでも音楽を聴いたことがある人であれば、まず間違いなく一度は耳にしたことがあるはず。今や1万円を切る低価格シンセサイザーにも内蔵されているオーケストラヒットの音が登場したのは1980年代のことで、ある電子楽器の登場とともに人々に衝撃を与えました。

The sound that connects Stravinsky to Bruno Mars - YouTube

[embedded content]


オーケストラヒットは、文字どおりオーケストラがクラシック楽曲を演奏する一部を取り出したサウンドです。その元祖となっているのが、ロシアの作曲家イーゴリ・ストラヴィンスキーが1910年に……(中略)…… コードから、その後の世の中を変えるほど衝撃的な音色はこのようにして生まれたというわけです。

記事の全文を読む⇒(GIGAZINE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース