イスラエル出身の鬼才チェリスト、マット・ハイモヴィッツの来日公演開催

 1984年に13歳でズービン・メータ(Zubin Mehta)指揮イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団のソリストとしてデビューし、1988年にジェームズ・レヴァイン(James Levine)指揮シカゴ交響楽団との共演によりドイツ・グラモフォンで録音デビューするなど、ごく若い頃から活躍してきた1970年イスラエル生まれの鬼才チェリスト、マット・ハイモヴィッツ(Matt Haimovitz)が、6月に来日公演を開催。6月8日(金)に東京・小石川 トッパンホールでピアニストの児玉麻里を迎えたリサイタル、6月10日(日)には愛知・名古屋 宗次ホールで無伴奏チェロ・リサイタルを行ないます。

 ハイモヴィッツの東京でのリサイタルは、今回のトッパンホールでの公演が約30年ぶりとなります。これまでに数多くの共演を重ねてきた児玉と奏でる曲目は、ベートーヴェンの「モーツァルトの『魔笛』の〈娘か女か〉の主題による12の変奏曲」「ヘンデルの『ユダス・マカベウス』の〈見よ、勇者は帰る〉の主題による12の変奏曲」に、ドビュッシーやプーランクのチェロ・ソナタ、ラヴェル / ハイモヴィッツ編の「カディッシュ」……(中略)…… r)J.S.バッハ: 無伴奏チェロ組曲第5番(全曲)

[出演]マット・ハイモヴィッツ(vc)

[チケット]指定席 3,500円(税込)※学生券 2,100円、チャリティーシート 3,850円、ハーフ60 2,100円(各税込)は、宗次ホールチケットセンターでのみ販売。

記事の全文を読む⇒(CDJournal) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース