耳をふさがない、ソニー“下掛け“イヤフォンに有線タイプ。BT/USB-Cの2ウェイも

 ソニーモバイルコミュニケーションズは、外の音を遮らずに音楽や通話を楽しめる「デュアルリスニング」が可能な有線イヤフォン「STH40D」を6月22日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は7,000円。また、カナル型で、Bluetooth接続とUSB Type-C接続の2スタイルが選べる「SBH90C」も同日に発売。価格はオープンで、店頭予想価格は2万円前後。

「デュアルリスニング」が可能な有線イヤフォン「STH40D」のピンクモデル「デュアルリスニング」対応の有線イヤフォン「STH40D」

 ソニー独自の音導管設計により、耳をふさがない構造ながら、音導管を通して鼓膜へダイレクトに音を届けることで、周囲の音と再生している音楽をブレンドして楽しむ「デュアルリスニング」をコンセプトとしたイヤフォン。

 同じコンセプトの製品として、Bluetoothイヤフォン「Xperia Ear Duo」が発売されているが、「STH40D」は有線接続タイプのイヤフォンとなる。

「STH40D」のブラックモデル

 より多くの耳の形にフィットさせるため、新しい……(中略)…… TH40DJPソニーSBH90CJP記事の全文を読む⇒(AV Watch)



ジャズクラおすすめ

関連ニュース