Google Compute Engineに最大3844GBのバーチャルマシン登場

ときおり「もっとRAMが必要だ」という状況に出くわす。メモリーを大食いする巨大エンタープライズ・アプリ、たとえばSAPのHANAデータベースなどを運用しているときだ。 非常に高いパフォーマンスを必要するタスクを実行するときもそうだ。これまでGoogleのクラウド・プラットフォームでCompute Engineを利用する際の最大メモリー割当は624GBだった。しかし今日(米国時間5/15)、メモリー割当の大幅拡大が公式ブログで発表された。新たに導入されたクラスでは最大160台のバーチャルコアに3844GBを割り当てることができる。

新しいクラスはn1-ultramemと名付けられ、既存のn1-megamemクラスの一員となる。n1-ultramemはコアの数によって3種類に分けられている。もちろん高いパフォーマンスを得るにはそれなりのコストが必要だ。いちばん「低い」バージョン、40コア、938GB RAMの場合は月額3221ドルだ。トップエンドの160コア、3844GBのバージョンとなると月額1万2885ドルとなる。

1時間当たりの料金表を下にエンベッ……(中略)…… 5393708888379/posts">Google+)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース