眠らせないバレエ・ガラ公演~初夏の横浜で『横浜バレエフェスティバル2018』


ブノワ賞ノミネートの近藤亜香も! 神奈川凱旋の菅井円加も!

バレエには様々な”パワー”がある。美・激・愛・動・静・寂・・・・・・その多様な”パワー”を一挙に楽しむことのできる、三ツ星レストランのフルコースのような公演が、2018年7月21日に神奈川県民ホール 大ホールで上演される『横浜バレエフェスティバル2018』だ。不朽の古典と最先端コンテンポラリーダンスで紡ぐ2時間。

【前菜】は、全ダンサーによるオープニング。スポットライトで浮かび上がるワンシーンが、これから始まる舞台の全容を予感させる。

【サラダ】は、出演者オーディションから選出された、将来の活躍が有望なジュニアたち。10代の今にしかできない、透明感あふれる演技を披露する。

若手選抜ユニット『ジュンヌバレエYOKOHAMA』(『横浜バレエフェスティバル2017』より)

【スープ】では、国際コンクール受賞で大注目の若者、YAGP2015で第1位の栗原ゆうと、今年のYAGP1位を修めた松浦祐磨の二人がペアを組み、フレッシュな魅力……(中略)…… ウグオ、二山治雄、加藤三希央、バティスト・コワシュー、 遠藤康行、ニコラスグラスマン、柳本雅寛 栗原ゆう、松浦祐磨■公式サイト:http://yokohamaballetfes.com/ 記事の全文を読む⇒(SPICE)



ジャズクラおすすめ

関連ニュース