ヴァイオリニストの正戸里佳、パリのヴァイオリン・ソナタ集をリリース

 2006年に17歳で〈パガニーニ国際ヴァイオリンコンクール〉第3位を受賞して以来、パリを拠点に活動するヴァイオリニストの正戸里佳が、デビュー・アルバム『パリのヴァイオリン・ソナタ集 ドビュッシー・ラヴェル・プーランク』(KICC-1455 3,000円 + 税)を5月16日(水)にリリース。

 本作は、ラヴェルのヴァイオリン・ソナタ第2番とドビュッシーのヴァイオリン・ソナタ ト短調、そしてプーランクのヴァイオリン・ソナタという、パリで生まれた3つのソナタを中心に構成されたアルバム。そのほか、ドビュッシーの「亜麻色の髪の乙女」やプーランクの「愛の小径」など、珠玉の名曲も収めています。共演ピアニストは、正戸と同じくパリを拠点に演奏活動する菅野 潤。パリを拠点とする2人ならではの音色とフレージングにより、フランス音楽の魅力を余すところなく伝える仕上がりです。

 正戸と菅野は5月17日(木)にアルバム収録曲を含むリサイタルを東京・上野 東京文化会館の小ホールで開催します。


■2018年5月16日(水)発売
正戸里佳
『パリのヴ……(中略)…… 05. ドビュッシー: 亜麻色の髪の乙女06. プーランク: 愛の小径07. プーランク: ヴァイオリン・ソナタ08. プーランク: 平和のためにお祈りください

[演奏]正戸里佳(vn) / 菅野潤(p)

[録音]2018年1月31〜2月1日 東京 稲城iプラザホール

記事の全文を読む⇒(CDJournal) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース