アルゼンチン生まれのカウンターテナー、フランコ・ファジョーリがヘンデルのアリア集を発売 初来日ツアー開催

 1981年にアルゼンチンに生まれ、チューリッヒ歌劇場やパリ・オペラ座を興奮の渦に巻き込んだカウンターテナー歌手のフランコ・ファジョーリ(Franco Fagioli)が、ドイツ・グラモフォン・レーベル2枚目にして国内盤では初登場となるアルバム『ヘンデル: アリア集』(UCCG-1796 2,800円 + 税)を5月16日(水)にリリース。

 本作は、ヘンデルの傑作アリアをファジョーリ自身の選曲で収録したもの。幅広い感情表現と性別を超えた官能的な歌声で、圧倒的な歌唱を披露しています。共演は、ゼフィーラ・ヴァロヴァ(Zefira Valova)がコンサートマスターを務めるイル・ポモ・ドーロです。

 ファジョーリは今年11月、初となる来日ツアーを開催。ヴェニス・バロック・オーケストラとの共演で、本作からの楽曲を中心としたプログラムを予定しています。


■2018年5月16日(水)発売
フランコ・ファジョーリ
『ヘンデル: アリア集』
UCCG-1796 2,800円 + 税

[収録曲]
ヘンデル:

[曲目]ヘンデル:歌劇『アリオダンテ』よりアリア「不実な女、戯れよ」「暗く不吉な夜が過ぎると」歌劇『リナルド』よりアリア「愛しい花嫁よ」「風よ、旋風よ」歌劇『アルチーナ』よりアリア「愛する人の姿が」ほか

記事の全文を読む⇒(CDJournal) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース