AdobeのCTOはAIへの取り組みを率先して押し進めている

現在まともな会社なら、人工知能(AI)に対して、全く何の取り組みもしていないということは考えられない。こうした組織は、この先どう展開して行くかは完全には理解していないとしても、AIがゲームチェンジャーになることを理解している。

3月に開催されたAdobe Summitで、私はAdobeのエグゼクティブVPでありCTOであるAbhay Parasn​​isに話を聞くことができた。話題は多岐にわたり、次の10年のために構築するクラウドプラットフォームや、そこでAIがどれほど大きな役割を果たすかなどについての話を聞くことができた。

Parasn​​isは、同社の技術戦略の方向を設定する、典型的なCTOの役割を始めとして、幅広い責任を負っていると語ったが、もちろんそれで終わりではない。彼はまた、コアクラウドプラットフォームの運用と、AIとSenseiを含むプラットフォーム構築のためのエンジニアリングを担当している。この役割には、数千人に及ぶエンジニアリングチームの管理も含まれている。また、全てのデジタルインフラストラクチャとIT部門に対しても、多少の責任を負……(中略)…… ads-companys-broad-ai-bet/" rel="noopener">原文へ](翻訳:Sako)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース