三浦友理枝、自身の「ピアノ・リサイタル」2018.7.27を動画で語る


三浦友理枝が2018年7月27日に東京・浜離宮朝日ホールにてピアノ・リサイタルを開催する。今回は、オール・ショパンプログラムだ。

三浦は、2005年英国王立音楽院大学課程を首席で卒業、2007年同音楽院・修士課程も首席で修了した俊英ピアニストだ。2001年「第47回マリア・カナルス国際音楽コンクール」ピアノ部門第1位、2006年「第15回リーズ国際ピアノコンクール」特別賞を受賞し、2005年にエイベックス・クラシックスからCDデビュー、これまでに6枚のCDをリリースした。2016年には第26回新日鉄住金音楽賞〈フレッシュアーティスト賞〉を受賞している。

そんな彼女のリサイタルデビューは1999年、高校3年生の時だった。その時もオール・ショパンプログラム。その時にメインに据えたのが、ピアノソナタ第3番だった。彼女は当時「ピアノ人生の節目節目に取り上げては少しずつでも進化した演奏をしていきたい」と思ったという。その時から20年近い歳月の流れた今回のリサイタルでは、その3番のソナタ(作品番号58)をはじめ、綺羅星のごとく数々の傑作が生み出された、作品……(中略)…… 9 Scherzo No.3 in C-sharp minor, Op.394 スケルツォ 第4番 ホ長調 作品 54 Scherzo No.4 in E major, Op.54 

三浦友理枝(ピアノ) Yurie Miura, piano[録音]2018年2月19日~22日 稲城市立iプラザ 記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース