「《二期会プレ・マチネ》バロック・オペラは魔法の世界!~ヘンデル『アルチーナ』公演のプレ・トーク&コンサート~」イベントレポート

2018年4月21日(土)めぐろパーシモン(小ホール)にて、5月19日・20日に上演される『アルチーナ』のプレイベント「《二期会プレ・マチネ》バロック・オペラは魔法の世界!~ヘンデル『アルチーナ』公演 プレ・トーク&コンサート~」が開催された。

本公演のメインは、今回が初来日となる演出のエヴァ・ブッフマン自身による作品解説だ。作品の魅力や聴きどころ、このオペラのつくられた当時の上演スタイルや、今回のプロダクションで目指すものなど多岐に渡った解説を行い、公演への期待感を高めてくれた。

ブッフマンによって語られた作品解説の内容を紹介したい。

オペラ『アルチーナ』とは?

「ヘンデル作曲のオペラ『アルチーナ』は、英雄や奇跡や魔法といった要素からなるおとぎ話であると同時に、私たちと同じ人間の物語でもあります。

オペラ『アルチーナ』の原作は、『オルランド・フリオーゾ(狂えるオルランド)』という、今でもイタリアでは知られた物語のひとつです。原作の大筋は、オルランドという騎士の物語で「義理」や「愛」がテーマとなっているといえますが、実はそこに……(中略)…… 二期会合唱団 管弦楽:ニューウェーブ・バロック・オーケストラ・トウキョウ(NBO)

主催:公益財団法人東京二期会

共催:公益財団法人目黒区芸術文化振興財団

助成:公益財団法人野村財団、公益財団法人朝日新聞文化財団

後援:オランダ王国大使館

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース