オペラか?ミュージカルか?最も新しく、最も古い新制作『カルメン』~英国ロイヤル・オペラ・ハウス2017/18シネマシーズン


「英国ロイヤル・オペラ・ハウス2017/18シネマシーズン」、5月11日から上映中なのが新制作『カルメン』だ。オーストラリア出身の人気演出家バリー・コスキーが2016年、ベルリンで初演、英国ロイヤル・オペラ・ハウス(ROH)では2018年5月に初めて上演された。何かと話題も多く、現地でも様々な意見が飛び交った作品は、それだけ新しいともいえる。何せセットは大階段のみ。スペイン色を排し1930年代の世界を、モノトーンを基調に構成した舞台は却って斬新だ。一方で音楽は1874年の『カルメン』初演の、いわば原典版。最も新しく、最も古い『カルメン』といえよう。

[embedded content]


■それはまるで宝塚の大階段。時代のカリスマ・カルメン

『カルメン』は幕間インタビューでも「オペラ座の数だけプロダクションがある」とも言われる人気作品。世界一有名な、人気のオペラのひとつといっても過言ではないだろう。

ストーリーは奔放なジプシーの女性カルメン(アンナ・ゴリャチョーヴァ)と兵士ドン・ホセ(フランチェスコ・メ……(中略)…… 5/11(金)~2018/5/17(木)

神戸 TOHOシネマズ西宮OS 2018/5/11(金)~2018/5/17(木)

福岡 中洲大洋映画劇場 2018/5/12(土)~2018/5/18(金)

※上映時間について、上映劇場へ直接お問い合わせ下さい。

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース