I/O:Google Payが全面アップデートへ――新APIでチケット購入、ボーディング・パス発行などに対応

マウンテンビューで開催されたGoogle I/Oデベロッパー・カンファレンスでGoogle Pay(以前のAndroid PayとWalletが統合)の大幅アップデートが発表された。今回Googleがオンライン支払プラットフォームに追加した新しい支払機能にはAPIの利用、P2P送金、チケット購入、ボーディングパス発行などが含まれる。

ブラウザやデバイスのサポートの追加が予定されていることはすでに発表されていたが、アップデートの詳細が明らかになったのは今回の I/Oが最初だ。新機能はGoogle Payプラットフォームに順次公開される。

特に目立った新機能の一つはGoogle PayアプリでP2P送金が可能になったことだろう。この機能は当面アメリカとイギリスでリリースされる。

また支払履歴はあちこち探し回る必要なしに、アプリ内から一箇所で確認できるようになった。

Google Payのプロダクト責任者、Gerardo CapielはI/Oのデモセッションで次のように述べた。

今回アップデートさ……(中略)…… 93708888379/posts">Google+)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース