東急ハンズが“オタク店員”を前面に押し出した理由とは? #stepone813 #jwave

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「BEHIND THE SCENE」。5月7日(月)のオンエアでは、東洋経済オンラインの『東急ハンズ新宿店、「オタク店員」登用の理由』という記事について、東洋経済でアパレル専門店を担当している記者、真城愛弓さんに解説して頂きました。

東急ハンズの店員さんといえば、担当ジャンルに特化した知識が抱負なイメージですが、名物のオタク店員さんにはどのような方がいるのでしょうか?

真城:最大の売上高を誇る新宿店では、3月から7人のオタク店員さんが「店主」という肩書をもって常駐しています。たとえば靴のケア用品を扱うフロアの店主さんは、何十年も東急ハンズで販売業務に携わってきたベテラン社員さんなのですが、とにかく靴へのこだわりが強い方で「靴をどうケアしたらいいか」熱弁をふるってくれるんです。店頭には彼の私物の靴がディスプレイされていて、長年履いていた靴だと思うのですが、非常にピカピカで新品のようにきれいに保管されていて、人の靴を見てさまざまなアドバイスをしてくれます。 <……(中略)…… ONE』放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース