今年で任期終了となる、プラハ放送交響楽団の指揮者オンドレイ・レナルトとピアニストであるヴァディム・ホロデンコのミニインタビューが到着!

プラハ放送交響楽団&ヴァディム・ホロデンコの公演が2018年6月24日サントリーホールにて開演される。本公演を記念して、2018年で任期終了となるマエストロのオンドレイ・レナルトと、ピアニストのヴァディム・ホロデンコのミニインタビューが行われ、公演に向けての気持ちを語った。

オンドレイ・レナルト インタビュー

ーー迎える年の日本公演、どのようなお気持ちで臨まれますか?

プラハ放送交響楽団と過ごした、月日は私にとってとても大切な時間でした。その大好きな日本で、任期の最後に皆様にお会いできることをとても光栄に思っております。

ーーマエストロにとってプラハ放送交響楽団との8年間はどのような時間でしたか?

オーケストラとも友好な関係を築けました。その間に4回も日本ツアーができたことに感謝いたします。

ーー最後の年にスメタナやドヴォルザークなどのマエストロの十八番を選曲したのはなぜですか?

チェコが世界に誇る、著名な作曲家の曲を、チェコを代表するプラハ放送交響楽団で演奏し、音楽を皆様に届けることが、私たちの使命……(中略)…… 18 

ドヴォルザーク:交響曲 第9番 ホ短調 op.95「新世界より」

チケット料金:S席:¥12,000 A席:¥9,000 B席:¥6,000 C席:¥4,000 S席(ペア):¥11,000

お問い合わせ:日本アーティストチケットセンター 03-5305-4545

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース