avexが音声AR事業に参入。現実世界をゲーム化、観光地ガイドなどの新事業「SARF」

 エイベックスは、音声AR事業に本格参入、音楽の新しい楽しみ方や、体験を創出する新事業「SARF」(サーフ)を発表。第1弾として、大塚愛がナビゲーターを務める渋谷の観光ガイドなど、3つの音声ARコンテンツ「AWALK」を、5月18日から音楽配信サービスの「AWA」で提供する。

「SARF」とARコンテンツ「AWALK」のロゴマーク

 SARFのテクノロジー・パートナーはパナソニック。コンテンツ・パートナーとして、伊勢丹新宿本店、サイバーエージェント、渋谷区観光協会、Downtown Music Publishers、東急エージェンシー、博報堂DYメディアパートナーズらが挙げられている。

 「SARF(Sound Augmented Reality Factory)」のコンセプトは、音楽の新しい楽しみ方や新しい体験を、拡張現実(AR)を使って演出する事。今までのARは、現実空間に新たなビジュアル情報を重ねて表示するなどの“視覚”の拡張を前提としていたが、SARFでは、“聴覚”による拡張を前提としており、デバイスの画面などに制限されない、「現段階では視覚によるA……(中略)…… アーティスト」に選出された。

記事の全文を読む⇒(AV Watch) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース