鶴田一郎のイラスト使用“聴きたくて”シリーズ・クラシック編の最新盤はチェロにフォーカス

 これまでに『ラフマニノフを聴きたくて』『ショパンを聴きたくて』『モーツァルトを聴きたくて』などで好評を博してきた“聴きたくて”シリーズ・クラシック編の最新盤『チェロを聴きたくて〜夜のとばりにつつまれて』(UCCS-1231〜2 2,100円 + 税)が5月23日(水)に発売されます。

 チェロに焦点をあてた本作は、同シリーズでは初となる楽器編。アートワークは、今回も鶴田一郎の美人画イラストを使用しています。収録曲は、J.S.バッハの無伴奏チェロ組曲第1番BWV1007から「プレリュード」やエルガーの「愛の挨拶」、フィギュアスケートの羽生結弦選手がエキシビションで使用した「ノッテ・ステラータ」の元曲であるサン=サーンスの「白鳥」といったクラシックの名曲のほか、チェロのメロディが印象的だった映画『おくりびと』のテーマ曲など、チェロの深い音色を味わえる内容。ミッシャ・マイスキー(Mischa Maisky)やムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(Mstislav Rostropovich)、ピエール・フルニエ(Pierre Fournier)、ハインリヒ・シフ(Heinrich Schi……(中略)…… 滝廉太郎: 荒城の月13. A.L.ウェッバー: ミュージカル『キャッツ』から「メモリー」

[演奏]ミッシャ・マイスキー、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ、ピエール・フルニエ、ハインリヒ・シフ、リン・ハレル、アリサ・ワイラースタイン、ジュリアン・ロイド・ウェッバー(vc) 他

記事の全文を読む⇒(CDJournal) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース