サックス奏者ローガン・リチャードソン、ツイン・ギターをフィーチャーした新バンドで新作発売

 2016年にブルーノートから全世界発売された『シフト』で注目を浴びたアルト・サックス奏者ローガン・リチャードソン(Logan Richardson)が、メジャー第2弾(通算4作目)となるニュー・アルバム『ブルース・ピープル』(UCCU-1571 2,500円 + 税)を5月9日(水)にリリース。

 リチャードソンは、1980年、米カンザスシティ生まれ。幼いころから数多くのジャズ・ミュージシャンに師事し、16歳でプロとしてライヴ活動を開始。19歳でバークリー音楽大学に入学。2年後には奨学金を得てニューヨークのニュースクール大学に進みました。以降、ニューヨークを拠点に、ジェイソン・モラン、ステフォン・ハリス、ジェラルド・クレイトン、ジョー・チェンバース、ビリー・ハートら、数多くのミュージシャンと共演。新世代ミュージシャンによるプロジェクト“ネクスト・コレクティヴ”には中心メンバーとして参加。これまでに『シリーブラル・フロウ』(2007年)、『イーソス』(2008年)とインディーズより2枚のリーダー作を発表しています。

 パット・メセニーの全面参加で話題を呼んだ『シフト』に……(中略)…… ラス・ウォーズ10. ザ・セトルメント11. レベルズ・ライズ12. ウィズ・ユー13. アーバン・ライフ14. ピュア・チェンジ

[演奏]ローガン・リチャードソン(as)、ジャスタス・ウエスト(g)、イゴール・オシポフ(g)、ディアンドレ・マニング(b)、ライアン・リー(ds)

記事の全文を読む⇒(CDJournal) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース