Google I/O: モバイルアプリ向け機械学習モデル登場――iOS、Android開発にML Kit

今日(米国時間5/8)開幕したI/Oデベロッパー・カンファレンスでGoogleはML Kitを発表した。iOS、AndroidアプリのデベロッパーはこのSDKを用いることでGoogleによって開発ずみでの機械学習モデル多数をアプリに取り込むことができる。特に巧妙なのは、これらのモデル(テキスト認識、顔認識、バーコードスキャン、画像タグづけ、外界のランドマーク認識などを含む)がオンライン、オフラインの双方で利用できる点だ。ネットワーク接続の状態とデベロッパーの判断に応じて適切な方を選ぶことが可能だ。

向こう数ヶ月の間にGoogleは現在のベーシックAPIにさらに2組を追加する予定だ。ひとつはInboxやGmailでおなじみのスマート返信機能で、もう一つは顔認識API用の高精度の輪郭認識だ。

ゲームのあり方を根本的に変えるような影響があるのはオフライン・モデルだろう。デベロッパーはGoogleが開発したモデルを自分のアプリに組み込める。しかも利用は無料だ。もちろん制限はある。モデルはローカル・デバイス上で作動できるようサイズを小さくされているため正確性は……(中略)…… 708888379/posts">Google+)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース