福山雅治、細田守最新映画「未来のミライ」にキーパーソンの青年役で声優出演

福山雅治が細田守監督の最新アニメーション映画「未来のミライ」に声優出演することが発表された。

「未来のミライ」は細田監督が原作・脚本を手がけたオリジナルアニメーション作品。甘えん坊な4歳の男の子・くんちゃん役を上白石萌歌、彼のもとに未来からやってくる妹・ミライちゃん役を黒木華、2人の父親役を星野源が演じる。

福山は本作の予告編にも登場した、主人公のくんちゃんを馬やバイクに乗せさっそうと走る青年役を担当。かねてより福山と親交があったという細田が、キーパーソンとなる青年のイメージと福山の人間性が重なることに気付いたことから今回のキャスティングが実現した。本人役の経験はあるものの、アニメーション映画への本格的な声優出演は今回が初となる福山は、「歌うということを仕事にしながらも、声で役を表現することはほぼ未経験なので、現場では恥ずかしながらすべてに緊張し、そしてすべてに刺激を受けました」とアフレコの感想を語っている。

映画「未来のミライ」は7月20日より東宝系にて全国ロードショー。

福山雅治 コメント

今回、細田監督作品の住人になれる機会をい……(中略)…… ながらすべてに緊張し、そしてすべてに刺激を受けました。 僕が年齢を重ねたことで忘れてしまっていた子供ならではの繊細な感受性を、丁寧に、かつ高度なアニメーション技術で表現されている今作品の完成を、これまで通り細田監督のいちファンとして心待ちにしています。

[embedded content]

記事の全文を読む⇒(音楽ナタリー) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース