リーラ・ジョセフォウィッツの独奏によるジョン・アダムズのヴァイオリン協奏曲が発売

 とくに現代音楽の演奏で高く評価されているヴァイオリニストのリーラ・ジョセフォウィッツ(Leila Josefowicz)が、『ジョン・アダムズ: ヴァイオリン協奏曲』(輸入盤)を5月11日(金)にリリース。

 1993年に書かれたジョン・アダムズ(John Adams)のヴァイリン協奏曲は、同時代的ミニマルとは一線を画す、世紀末の退廃と同時代の無機質な要素を交合させた名作。ジョセフォウィッツは、さまざまな困難や抑圧に直面しながらも最終的に自由を獲得する現代の女性の姿を独奏ヴァイオリンとして描いた『ジョン・アダムズ: シェヘラザード.2』でも独奏を務めました。

 ジョセフォウィッツと本作の指揮者デイヴィッド・ロバートソン(David Robertson)、そしてアダムズは、家族ぐるみで付き合う友人。本作でジョセフォウィッツとロバートソンは、作曲者本人からの助言を多く取り入れながら演奏に臨んでいます。

[embedded content]



■2018年5月11日(金)発売
『ジョン・アダムズ: ヴァイオリン協奏曲』[収録曲]01. ジョン・アダムズ: ヴァイオリン協奏曲

[演奏]リーラ・ジョセフォウィッツ(vn) / デイヴィッド・ロバートソン指揮セントルイス交響楽団

[録音]2016年9月 米セントルイス、パウエル・ホール

記事の全文を読む⇒(CDJournal) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース