ライブチケットの顔認証スタートアップ「Rival」が3300万ドルの資金調達。チケット転売市場の健全化を狙う

全米最大のチケット販売サービス「Ticketmaster」のCEOを務めたネイサン・ハバード(Nathan Hubbard)が、2年間ステルスモードで「顔認証」技術を活用したチケット流通のスタートアップ「Rival」を運営し、3300万ドル(約35億円)以上の資金を投資家から調達していたことが、ウォール・ストリート・ジャーナルによって明らかにされました。

http://rival.co/

ロサンゼルスを拠点にするRivalは現在ベータ状態ですが、出資しているのは、Twitterの元CEOディック・コストロ(Dick Costolo)、Slackのチーフ・プロダクト・オフィサーのエイプリル・アンダーウッド(April Underwood)、Stripeの共同創業者パトリック・コリソン (Patrick Collison)とジョン・コリソン(John Collison)、Andreessen Horowitz、Upfront Venturesなどが名を連ねます。

Rivalは米メジャーリーグスポーツや英サッカーチームがクライアント<……(中略)…… CC image by Exit Festival via Flickr

記事の全文を読む⇒(All Digital Music) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース