Roon 1.5提供開始。MQAデコードやLINN DSシリーズ対応

 音楽管理ソフトウェア/ソリューションの「Roon」が4日、Roon 1.5にバージョンアップした。新たにMQAのデコードや、LINNのネットワークプレーヤー「DSシリーズ」に対応した。

 MQAデコードは、96KHz/88.2KHz、24bitまでのMQA core decodingに対応。また、MQA再生中も音質を損なわずにボリュームやEQなどの調整が行なえる。

 また、デバイスセットアップの改善や、インターネットラジオにおけるFLAC、OGG/FLACストリームの対応、多くのバグ修正などが行なわれている。

 Roonは、ホームサーバーやPCの楽曲管理・ネットワーク再生、対応機器連携などを実現するオーディオソリューション。対応のサーバー機器(Roon Server/PC含む)の楽曲を、リモコンに相当するアプリから制御し、対応プレーヤーに出力できる。利用料金は119ドル/年で、無期限のLifetime Membershipは499ドル。

記事の全文を読む⇒(AV Watch)……(中略)…… bershipは499ドル。

記事の全文を読む⇒(AV Watch) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース