伊野尾慧&戸塚祥太が宇宙人の兄弟に、「トーキョーエイリアンブラザーズ」ドラマ化

7月23日(月)深夜にスタートする日本テレビ系ドラマ「トーキョーエイリアンブラザーズ」に伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)と戸塚祥太(A.B.C-Z)が出演することが発表された。

「トーキョーエイリアンブラザーズ」は、「月刊!スピリッツ」で連載されていた真造圭伍の同名マンガの実写化作品。「地球移住計画」へ向けた現地調査のため地球で暮らす宇宙人の兄弟・夏太郎と冬ノ介の“トーキョー探訪”と人間交流を描くもので、伊野尾が弟の冬ノ介を、戸塚が兄の夏太郎を演じる。

同局の月曜深夜のドラマ枠「シンドラ」には、これまでジャニーズWESTの藤井流星と濱田崇裕や、Kis-My-Ft2の横尾渉、宮田俊哉、二階堂高嗣、千賀健永などが出演してきた。「シンドラ」第5弾となる今作に出演し冬ノ介を演じるにあたり、伊野尾は「今までで1番髪の色を明るくした」と言い「みなさんのリアクションが楽しみです」とコメント。戸塚との共演については「ジャニーズJr.の頃に同じグループだった事もあったので不思議な感じがします」と語った。

一方の戸塚は「伊野尾ちゃんと共演できると知り、喜び……(中略)…… ガは日テレの土曜21時(今は22時)からやってたドラマみたいな明るくてちょっぴり切なくなるようなマンガにしたいと思っていたので、まさか日テレさんがドラマ化して下さるなんてうれしいです。完成楽しみにしてます!

日本テレビ「トーキョーエイリアンブラザーズ」

2018年7月23日(月)24:59~

記事の全文を読む⇒(音楽ナタリー) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース