Kubernetesのための機械学習ツールKubeflowが発表から4か月で最初のバージョンをリリース

Googleが作ったオープンソースのコンテナオーケストレーションツールKubernetesは、おそらく同社が想像しなかったほど華々しく成長した。そしてその人気が増すとともに、多くの関連プログラムが生まれてきた。今日(米国時間5/4)はGoogleが、オープンソースのツールKubeflowのバージョン0.1のリリースを発表した。これは、Kubernetesのコンテナに機械学習をさせるためのツールだ。

Googleはかなり前にKubernetesをCloud Native Computing Foundationへ移したが、積極的な関与は継続し、今回のKubeflowもそのひとつだ。このプロジェクトは昨年末オースチンで行われたKubeconで発表されたばかりだが、早くもかなりの勢いがついている。

GoogleでKubeflowを運用しているDavid Aronchickは、その前の2年半、Kubernetesのチームを率いた。その彼の言うKubeflowの基本的な考え方とは、データサイエンティストたちが、Kubernetesのクラスターの上で機械学習のジ……(中略)…… http://goo.gl/ovDV">hiwa)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース