まもなく来日!マニュエル・ルグリ率いるウィーン国立バレエ団『ライモンダ』現地公演を特別レポート


ウィーン国立歌劇場は1869年に開場した世界最高峰の名門歌劇場である。そこを本拠とするバレエ団は2010年9月以降フォルクスオーパー・バレエと統合され、マニュエル・ルグリが芸術監督に就いた。ルグリはパリ・オペラ座バレエ団屈指の名エトワールとして君臨し、定年後も破格の踊り手として活躍するが指導力の評価も高い。バレエの申し子といえるルグリは、ウィーンにおいて新世代のダンサーを育て、レパートリーを広げ、勢いのあるバレエ団へと進化させた。きたる2018年5月の来日公演を前に4月中旬、“芸術の都”を訪れて鑑賞した同バレエ団『ライモンダ』の今シーズン最終公演の模様をお伝えする(4月14日、ウィーン国立歌劇場)。

ウィーン国立歌劇場 (C)Wiener Staatsoper/Michael Pöhn

『ライモンダ』は1898年、帝政ロシア時代にサンクトペテルブルクのマリインスキー劇場で初演された全3幕4場のバレエだ。クラシック・バレエの様式美を確立したマリウス・プティパ最後の大作で、音楽を名匠アレクサンドル・グラズノフが書……(中略)…… )

大阪公演​『海賊』■日時:2018/5/15(火)19:00開演■会場:フェスティバルホール(大阪府)メドーラ:リュドミラ・コノヴァロワコンラッド:デニス・チェリェヴィチコグルナーラ:橋本清香 他■問い合せ:フェスティバルホール 06-6231-2221(10:00〜18:00)

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース