ドイツ・グラモフォンが〈ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2018〉に創立120周年記念ブースを出展

 “楽壇の帝王”ヘルベルト・フォン・カラヤン(Herbert von Karajan)や“指揮界のプレスリー”レナード・バーンスタイン (Leonard Bernstein)といった、クラシックの歴史を彩るスターの名盤の数々を世に送り出してきた世界最古のクラシック・レーベル「ドイツ・グラモフォン」。その設立120周年を記念し、2018年5月3日(木・祝)から5日(土・祝)に開催される〈ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2018〉にてブースが出展されます。

 出展場所は、東京・丸の内 東京国際フォーラムのガラス棟地下1階。大型モニターを設置し、ドイツ・グラモフォン120周年の歴史や、カラヤン、バーンスタインら看板アーティストの秘蔵映像を放映します。そのほか、ハイレゾ音源の試聴コーナーも設置され、人気の高いクラシック楽曲や、ジャズ・ピアニスト山中千尋によるクラシック楽曲をジャズ・アレンジした6月20日(水)発売の新作『ユートピア』も先行試聴できます。

 レーベルの歴史を伝えるためのスペシャル・コンテンツとして、現役美大生にしてデビューを飾り、「モディリアーニにお願い」を小学……(中略)……

5月3日(木・祝)〜5日(土・祝)[東京 丸の内エリア]東京国際フォーラム・大手町・丸の内・有楽町[東京 池袋エリア]東京芸術劇場・池袋西口公園・南池袋公園

■ドイツ・グラモフォン120周年記念ブース東京国際フォーラム ガラス棟地下1階ロビー・ギャラリー休憩スペース

記事の全文を読む⇒(CDJournal) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース