愛を音色に乗せて聞く人の心に届けたい フルートとピアノのデュオユニット「あいのね」

“サンデー・ブランチ・クラシック”2018.3.11 ライブレポート

クラシック音楽をもっと身近に、気負わずに楽しもう!小さい子供も大丈夫、お食事の音も気にしなくてOK!そんなコンセプトで続けられている、日曜日の渋谷のランチタイムコンサート「サンデー・ブランチ・クラシック」。3月11日に登場したのは、フルートとピアノのデュオユニット「あいのね」だ。

兵頭愛美(ピアノ)、林愛実(フルート)

国立音楽大学でフルートを学んでいた林愛実と、ピアノを学んでいた兵頭愛美。愛が実ると書いて「あいみ」の林と、愛が美しいと書いて「あいみ」の兵頭。奇しくも同じ名前を持つ二人は、同じ大学の同期生として運命的な出会いを果たし、愛の音という意味を持つユニット「あいのね」を結成。昭和歌謡をフルートとピアノで美しく奏でる演奏活動を中心に、BSフジ「アートな夜」に出演するなど、活躍の場を広げ続けている。

林愛実

兵頭愛美

そんな「あいのね」が初の「……(中略)…… 11:30~22:00(LO 21:00)※祝前日は通常営業■公式サイト:http://eplus.jp/sys/web/s/sbc/index.html

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース