韓国発シンガー・グループ“フォルテ・ディ・クアトロ”が初来日公演を渋谷 オーチャードホールで開催

 韓国初のクロスオーヴァー・シンガー・グループとして2017年にデビューし、初のソウルでのコンサート4,000席がチケット発売後15分で完売するなど、勢いのある活躍を見せる4人組“フォルテ・ディ・クアトロ”(FDQ)が、4月13日に東京・渋谷 Bunkamuraオーチャードホールで初来日コンサートを開催。

 フォルテ・ディ・クアトロは、リーダーのコ・フンジョン(テノール)、キム・ヒョンス(テノール)、イ・ピョリ(テノール)、TJソン(バス)から成る4人組。日本では2017年11月にデビュー・アルバム『フォルテ・ディ・クアトロ』をリリースし、発売翌日に東京・九段下のイタリア文化会館でファンと関係者のみを招待したショーケース・ライヴを開催しています。

 今回の来日公演では、デビュー・アルバムと2ndアルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』より、1曲目「オデュッセイア」を皮切りに、アンコール3曲を含め計18曲を披露。デビュー・アルバム収録曲の「Destino〜愛が変えたすべて」日本語ヴァージョンのほか、「川の流れのように」にも初となる日本語で挑戦し、会場を沸かせました。<……(中略)…… ア(カッチーニ)07. アルビノーニのアダージョ(ジャゾット編)08. ノッテ・ステラータ(サン=サーンス:白鳥)09. 天使の糧(フランク)10. ラヴ・オブ・マイ・ライフ(クイーン)11. ヒール・ザ・ワールド(マイケル・ジャクソン)12. モーメント・オブ・グローリー(スコーピオンズ)

記事の全文を読む⇒(CDJournal) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース