名医が語る、「患者に必要な心がけ」とは? #jwave #jamtheworld

J-WAVEで放送中の番組『JAM THE WORLD』(ナビゲーター:グローバー)のワンコーナー「UP CLOSE」。4月9日(月)のオンエアでは、月曜日のニュース・スーパーバイザー、津田大介が登場。ねりま健育会病院院長・酒向正春さんをお迎えし、回復期リハビリテーション医療の重要性と、患者や家族の心構えについてお話を伺いました。

■酒向さんの著書を読んだ津田は…

酒向さんの著書『患者の心がけ 早く治る人は何が違う?』(光文社)が話題になっています。内容は、超高齢社会で重要度が高まる「回復期リハビリテーション医療」と、それを受ける私たち患者の心構えを説いたものです。

同書はいろんな読み方ができると津田は言います。

津田:高齢化社会を迎える今、医療は大変です。その医療界全体の医療論でもあるし、患者の心がけということで“プロ患者論”でもある。また、患者と医師がどういうコミュニケーションをすればよい効果があげられるのかという、コミュニケーション論でもある。途中、人生論にもなります。また、酒向さんの仕事論でもあり、組……(中略)…… ・木曜 19時−21時オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/jamtheworld/

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース