Hakuju Hallの〈ワンダフルoneアワー〉第32回は高木綾子&吉野直子のデュオ・リサイタル

 東京藝術大学在学中より長年にわたり第一線で活躍を続けるフルート奏者の高木綾子と、ハープ界における名門コンクール〈イスラエル国際コンクール〉で最年少優勝を果たした日本ハープ界の第一人者、吉野直子が、2018年4月20日(金)に東京・富ヶ谷 Hakuju Hallで開催される〈第32回 ワンダフルoneアワー〉に登場。

 クラシックのコンサートといえば、夜の公演が多く、しかも2時間以上かかってしまうもの。「忙しいから難しい」「夜の外出はちょっと……」といった理由で行くことを諦めてしまう方におすすめしたいコンサート・シリーズが〈ワンダフルoneアワー〉。本シリーズは昼夜2回の公演で、かつ公演時間が1時間に凝縮された“音楽のエスプレッソ”と呼べるコンサートです。

 これまでにも多くの共演を重ねてきている高木と吉野。今回のデュオ・リサイタルでは、フルートとハープのためのオリジナル曲をメインに、それぞれのソロ曲も演奏予定です。曲目は、モーツァルトが8歳で作曲したとされるソナタや、ダマーズによるフルートとハープのためのソナタ第1番、イベールの間奏曲、そして名フルート奏者のドップラー……(中略)…… [プログラム]モーツァルト: ソナタ ヘ長調 K.13武満 徹: 声(ヴォイス)〜独奏フルートのための〜(フルート・ソロ)カプレ: 2つのディヴェルティスマン[嬉遊曲](ハープ・ソロ)ダマーズ: フルートとハープのためのソナタ 第1番イベール: 間奏曲ドップラー / ザマラ: カジルダ幻想曲

記事の全文を読む⇒(CDJournal) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース